もどる

新しい生き方を
応援する
プロジェクト。

まるまるまるもりプロジェクトは、
北欧における循環型のメソッドを取り入れた、
新しい生き方を応援するプロジェクトです。

都会での生活を諦めるのではなく、
むしろ都会での生活に満足できないからこそ、
地方での柔軟なライフスタイルを創り上げるという気持ち。

今の仕事に不満があるのではなく、
自分の想いに正直な働き方を諦めたくないからこそ、
心から熱中できる仕事を創り出したいと願う気持ち。

そんな方を応援するために、都会ではなく、東北にある小さな町だからできることがあると考え、多くの人が集まり、プロジェクトは発足しました。

北欧の考え方を
参考にした、
「丸くする」
という手法。

森林で覆われた丸森町では、北欧との共通点を多く見い出せます。 それは単に、自然環境や見た目がというだけではなく、集落が分散しながらも連携し、文化的生活を営んできた歴史背景。また、阿武隈川の舟運など土地の特徴を活かした運搬手法。自然と共存しながら発展を目指してきた 「考え方」についても、北欧の文化形成に似た歴史が、散見されます。

そこで、わたしたちは考えました。衣、食、住など、すべての活動を循環型として捉える、北欧の考え方を取り入れながらも、東北の強みを活かした、新たなライフスタイルを生み出せないだろうかと。

磨いて、
丸くする。

新しい価値を外から
取り入れるのではなく、
自分のやりたいことや、
やれることを見つめ、
自分の中にもともと
ある本質を磨く。

繋げて、
丸くする。

人や資源がそれぞれで
完結するのではなく、
互いに良いところを
連携させることで、
新しいビジネスの
可能性を生む。

広げて、
丸くする。

丸森だけでなく、
東北各地の良いところを、
認め合うだけでなく
組み合わせることで、
新たなライフスタイル
文化を広げる。

アイデアを
もっとオープンに。
東北をもっと
丸くする。

今回募集している仕事づくりのジャンルでもある、自然を活かしたアウトドア、ドローンなどの最先端技術、古民家の活用法を考えたシェアリングエコノミー、蔵などの郷土施設、和紙や藍染などの伝統技術など。それらは、丸森町だけに特化するものではなく、多くの地方自治体で活かせる要素が含まれています。

今回のプロジェクトで得た移住&仕事づくりのアイデアを、丸森町以外の地域へもオープンにしていくことで、新しいライフスタイルが東北地方はもちろん、全国へ広がることを目指しています。

あいうえおかきくけこさしすせそたちつてとなにぬねのはひふへほまみむめもやゆよらりるれろわをんがぎぐげござじずぜぞだぢづでどばびぶべぼぱぴぷぺぽぁぃぅぇぉっゃゅょアイウエオカキクケコサシスセソタチツテトナニヌネノハヒフヘホマミムメモヤユヨラリルレロワヰヱヲンガギグゲゴザジズゼゾダヂデドバビブベボパピプペポァィゥェォッャュョヴabcdefghijklmnopqrstuvwxyzABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ0123456789abcdefghijklmnopqrstuvwxyzABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ0123456789斎理屋敷内、丸森起業家ー開催。大反響声多数説明会予約新生方応援北欧循環型取入都活諦満足地柔軟創上気持今仕事不自分想正直働心熱中出願東小町考人集発深一緒行暮・堂亀山氏高野 裕之社動尊場住箱木極元名物僕食材風料伊達冠石焚火鍋暖準備整冷飲瓶広空切然建設株式-講習羽書共世界記付文字迫政宗最初者化体現通用泊古民良長件田平百戦錬磨布団縁側招知茶貸借時役店齋留日終&米粉休甘美味牛乳染次第和紙使伝統的革柄定好籠編技術制作竹細工負/仙台売候補(草)坂本伏漫画.清水岡河報雛形芸岩佐酒蔵村藤市篠原松華花放送宮城菊緑素夢挑歩募話題魅力思込告手勇悩林境似言単存展目指「」成歴史見受囲運搬支阿武隈川惚藍国登録有財代子孫繋組 保科郷雄幸志全般法 表井智宏移楽締兼太伸綺麗副訪”所貴誠必要務児島永(仮)年議員経就任五総合計前倒策度土愛醸域個性協連携交流基念企誘致育重点置施将来像輝豊実鋭意奮闘学命研究博士課程卒属際震災後月立独投資尽々―&向関金調払再特福若部賞選准教授客院済京拠非常勤師唎変更県産館利期間飛提供舗営蛤浜等校退職在注三陸沿岸巻車走牡鹿半口万越築改装漁充身採拡験室機問修却雑貨商品槌帖刊復興担賀徴随始躍陣!参加ヶ助当適,確認完了以下項〜進申容信戻押※誤絡十須号外葉届乗舎天
音楽: